サラキンディーラーの悪意のあるトリック

消費者金融ローンを組むときは、金利が低くてローンが受けやすいところから利用したいという人が多いです。消費者の欲求を利用する方法で、悪意のあるサラキンディーラーは過剰な利益を上げるために積極的に使用されます。非常に説得力のあるパンフレットやダイレクトメールを使って「低金利のローンを組む」と顧客を惹きつける紹介店という人もいます。当時発表されたのは、チラシを扱っていた会社とは全然違う会社でした。広告主は金融事業を営んでおらず、会社とは何の関係もないサラキンのディーラーに連れて行かれるだけです。それがあなたがコミッションを得る理由です。いわゆるオーガナイザーもあります。私たちは魅力的な広告を使用して、「低金利で債務を手配する」などのフレーズで複数の債務者を招待します。招待を受け入れると、熱心に多くの債務を清算し、サラキンのディーラーと悪い契約を結び、債務者に毎月以前よりも少ない金額を支払うように依頼することが奨励されます。一見簡単に思えるかもしれませんが、実際には債権者(サラキニ商人)には支払われていません。過剰な手数料は、再編成のための保証金として徴収されることがあります。トリックは、お金を失うだけで、支払いが終了しないことです。キャッシングとは何の関係もないとしても、ヤミ金融という言葉を聞いたことがあるはずです。金融サービス庁に登録せずに貸し出し、金利制限法や投資法の最高金利を大幅に上回る高金利で融資を行う悪質な消費者金融業者です。悪意のあるベンダーからのさまざまな手法があります。一見良い話が見習いやダイレクトメールで書かれていても、何かがおかしい可能性があることに注意してください。


コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA



error: Content is protected !!