カード償還の返済

近年、現金化が容易になり、現金での支払いが困難になっているようです。あなたがお金を借りているという事実に注意してください。簡単にアクセスできたとしても、自分のお金ではありません。お金の流入と流出について楽観的になることなく、収入以上の支出を控え、現金を使用してください。現金を返済するために、借りるときに返済日を設定することができます。意思決定の方法は会社によって異なり、決まった日付から自由に選択できる場所や指定した場所があります。原則として、現金でのお支払いは月1回です。ただし、月に1回は完全に固定されているわけではなく、2、3回支払うことができます。お支払い日以外の日は現金でのお支払いも可能です。あなたがより少なく支払いたいならば、1つの方法はできるだけ早く返済することによって利子を減らすことです。ただし、現金での支払い日の2週間以上前に支払う場合は、その月の支払い日に支払う必要があります。その月に設定されている支払い日が30日である場合、1日から15日に支払う場合は、30日に支払う必要があります。 16日から29日に支払いを行うと、30日の支払いは発生しません。急がないように気をつけて、あまり戻ってこないでください。そうすれば、戻ってくることができなくなります。


コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA



error: Content is protected !!