グルコサミンの副作用について

グルコサミンの効果を確認するためにしばらく続ける必要があるので、副作用があるかどうか疑問に思うかもしれません。実際、グルコサミンには副作用がありますか?便秘や下痢など、消化器系の副作用と言われているグルコサミンの最初の副作用。ブドウ糖に似ているので、糖尿病の人は飲みすぎると血糖値が上がるという説があります。しかし、実際には、実際の事例は報告されていないようです。ただし、糖尿病の人は実際にグルコサミンを服用する前に医師に相談する必要があります。調査によると、約10%の人がグルコサミンの副作用として腹痛、消化不良、吐き気、胸焼けを患っていましたが、すべて軽度のようでした。胃潰瘍のある人や妊娠中の人は、グルコサミンを服用している場合は医師に相談することをお勧めします。できるだけ多くのグルコサミンを服用している場合は、食事と一緒に、または食事の直後に服用するのが最善です。グルコサミンは体内に含まれているため副作用は少ないですが、カニやエビなどの甲殻類を原料としているため、アレルギーのある方はご注意ください。グルコサミンの副作用のほとんどは胃のむかつきですが、大量のグルコサミンを服用しても毒性はなく、副作用は1〜3週間で消えることがよくあります。グルコサミンは、関節炎の治療に使用される従来のものよりもはるかに安全です。セノッピー


error: Content is protected !!