コンドロイチンとは

テレビや雑誌でよく見かけるコンドロイチンとはどのようなサプリメントですか?コンドロイチンという言葉は、もともとギリシャ語で「軟骨の源」を意味します。加熱するとゲル化する性質を持つ「ムコ多糖」の一種です。この「ムコ多糖類」とは、「粘り気のある多糖類」を意味し、人間の皮膚の真皮を構成する成分のひとつです。人体では軟骨の一部に存在し、粘着性のあるゲル状の性質が骨の間のクッションとして働き、摩擦を防ぎます。また、眼球、角膜、皮膚、肝臓、腎臓などにも豊富に含まれ、約60兆個の細胞をつなぐ機能もあります。コンドロイチンはまた、体内の水分を制御します。コンドロイチンの特性の一つは、それが非常に高い保水能力を持っているということです。これらの特性を利用して、哺乳類や魚の軟骨から抽出され、さらに精製されたコンドロイチンが化粧品やサプリメントに使用されているようです。その中で、多くは特にサメの軟骨に由来しています。米国食品医薬品局は、その安全性を認識しています。このような重要な役割を果たしているコンドロイチンは、私たちの健康を促進する手段として引き続き必要です。スキリスの効果


error: Content is protected !!