高齢者高血圧の特徴

高齢者が高血圧になる状態を高齢者の高血圧といいますが、一般的に知られている高血圧と違いはありますか?上で説明したように、高血圧は収縮期または拡張期の血圧が高い状態です。高齢者の高血圧の特徴は、拡張期血圧(最低血圧)がほとんど変化せず、収縮期血圧(最高血圧)のみが上昇することです。加齢に伴い、動脈の弾力性と弾力性が低下し、動脈硬化症が発生し、心臓から血液が送り出されると収縮し、流れに力を加えようとします。これにより収縮期血圧が上昇し、高齢者には良くありません。このように、体の機能がうまく機能せず、その結果、さまざまな病気を引き起こすのは高齢者の高血圧です。高齢者の高血圧は、血圧が急激に変動するという事実に加えて、その頻繁な合併症によっても特徴づけられます。まず、血圧は自律神経によって調節され、体を安定させます。加齢により自律神経の機能が低下すると、血圧が変動します。症状には、夜でも減少しない夜行性高血圧や、夜に落ちた後、朝に再び増加する朝の高血圧などがあります。高齢者は動脈硬化症や臓器への血流が少ないことが多く、突然血圧が下がっても追いつかず、別の病気になります。それも可能です。ご覧のとおり、高齢者の高血圧は難しい病気ですので、高齢になる前に高血圧を防ぐように注意する必要があります。希乃屋オールインワンジェル


error: Content is protected !!