インターネットカフェでの一日労働者と難民

日雇い労働者とインターネットカフェからの難民の間には深い関係があるようです。 24時間営業のインターネットカフェや漫画喫茶に住む人もいます。賃貸犯罪や家族事情などで、これまで住んでいた実家やアパートを離れた人も多いようです。インターネットカフェの難民は通常インターネットカフェと呼ばれ、朝は日雇い労働者としてアルバイトをします。インターネットカフェからの難民は、通常は働きたくないストリートトラバースとは異なり、働く準備ができています。 2007年までに、インターネットカフェの難民の推定数は5,400人に達しました。インターネットカフェには、1950年代から1930年代までの幅広い年齢層の難民がいるようで、驚くべきことに、その約40%が女性。雇用形態のほとんどは、インターネットカフェからの難民の不規則な雇用です。日々の労働遠征では、家賃や光熱費が定期的に収入として徴収される可能性は低い。あなたはいつも毎日仕事をしているわけではなく、毎日の家賃はその日の生活を維持するために使われます。インターネットカフェでは、夜遅くまで起きている方が夜のパッケージの方が安く、店内のシャワーを使って最低限の生活水準を維持することができます。インターネットカフェからの難民は口座を開設できません。住所がないから。高い月給が出せないので、必然的にこの日を過ごし、社会的な不便が多すぎます。


コメントを残す 0

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA



error: Content is protected !!